スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆実生からのカラーの花♪

SN3T0210.jpg


一昨年 ある方のブログの記事で
実生でカラーを増やせることをしりました。

それまでは 花の終わり頃になると 切花にして
部屋の中で少し楽しんでいました。

実生からカラーが増やせるって 私にとっては
なぜか信じがたい事でしたが
その年は 切り落としたいのをじっと我慢
頭が垂れてもまだじっと我慢。。。(;´▽`A``

花の中の種の部分が少し色が変わるまで・・・(笑)
それから 切り取って プランターの中に埋め込みました。

昨年 もうすっかり忘れてしまっていた頃に
見慣れない植物がわ~っと 沢山発芽しました。

「何だろう・・・不思議な植物!」
と 少し見守る事に。

暫く経って 思い出しました!
(もしかしたらカラー?)
それでも 何時も観ているカラーの葉とはまるで違います。

そのままの状態で 冬を迎え すっかり枯れてしまいました。

今年になって 生えてきました カラーらしいカラーの芽(笑)

そして何と蕾まで・・・
その蕾が 4.5日前から 咲き始め
嬉しさで胸が一杯の私。

「ねぇねぇ 観てみて!種からなんだよ、この花!」
娘に・・・そして夫に
呆れながらも 根気よく 私に付き合う娘と夫。
「凄いじゃない!」
「おぉぅ いいね この花」
私は 自慢げに・・・
「ねぇ!凄いでしょ?」(;´▽`A``

私は 只 種を プランターに埋め込んだだけなのに
さも手をかけたように 胸をはったりして 自慢を。。。(笑)
スポンサーサイト

★急ぎすぎた君へ・・・

SN3T0196.jpg

君は空の上から 私達を見守ってくれているかしら?
少し斜めからの目線で 
時には辛らつに
時には優しく・・・
色んな事を 電話やメールで話しましたね。

記しておく事が沢山あるはずなのに
今はまだ言葉が見つかりません。。。

昨年の9月に 病が発覚し
それからの闘病生活
辛く 不安だった事でしょうね。

11月にお見舞いに伺ったときは とっても楽しそうに
一緒に食事をし 病気の話も淡々と話されていました。

腹水がたまってかちかちのお腹を洋服の上から触らせていただき
余りの硬さに愕然としました。

君との交流は 同級会で○十年ぶりかに 再会し
それからメールでの交流が始まりました。
最初は2人だけ 
徐々に
1人増え2人増え・・・
今は8人(君も含め)

大人の遠足は君の提案で始まりました。

君と再会してから6年・・・
本当に満ち足りた楽しい交流でした。

先日のお別れ会で 沢山の写真のファイルを観ながら
懐かしさで一杯になり
と同時に これからの大人の遠足の写真には
君の姿はもう 観られないのだと・・・

悲しいです。。。

先日の5月の大人の遠足の時は 病室から電話を下さいました。
「楽しんでいる?」と・・・
君が何時も仰っていた
「僕の病気のために 大人の遠足を止めないでくれよな?」という言葉。
本心では なかったと思いながらも 我々は負担をかけないためにも
いつもどおりに行こう!と実行する事にしました。

その4日後に君の所に2人のO君と共に伺いました。
食事も水も とることが出来ない君なのに
しっかりした顔をみせてくれましたね。

入院してから 外に出てないと言う君を
看護士さんの許しを得て 奥さまと2人のO君と共に散歩に連れ出しました。
気持ち良さそうでしたね。
そのときの光景がまだ目に焼きついています。
色んな花を愛でながら 君との2時間 あっという間でした。

次の日の君からのメールにも
楽しかった事 体調良好と 記されていました。
私は 「5月はもう伺えないけれど 6月に入ったらまた会いに行きますよ。」
と返信しました。
それなのに 待っていてくれなかった君を 少し恨めしく思っています。

お別れ会は 宗教行事は一切無く 君の優しそうな 顔を拝顔し
ご家族の方との 思い出話・・・でした。
良いご家族に囲まれて 楽しい生活を営んでいらっしゃった事を
改めて認識しました。
お子様方に 「○○です・・」と
挨拶しますと「○○けいちゃん・・」と 一応に・・・

もしかしたら 私の呆れた出来事の数々を
お子様達にも お話されていたのでしょうか?
恥ずかしいような 嬉しいような・・・
君のお子様方にこの歳でチャン付け・・・(苦笑)

M君!
短い期間でしたが 本当に楽しかったです。。。
幼い頃に戻れた6年間を有難うございました。
散骨という事ですので お墓に会いに伺う事もできません。
でも 残された私達は 君の残してくれた
「大人の遠足」は続けるつもりです。
そのときの 話の中には 必ず君の話題が出るはずです。
この先 ずっと!!!
なので 私達の心の中で 君はずっと生きつづけます。
「もう勘弁してくれよ!」
の声も聴こえそうですが・・・
そこは 我慢をして 私達と一緒に大人の遠足に参加してくださいね。


この記事を更新するにあたって 少し悩みましたが 
私は 何時までも君の友達でいると言う気持ちを
残すためにも 更新させていただきました。。。

どうぞ安らかにお眠り下さい。。。合掌

プロフィール

けい

Author:けい
けいのブログです。



娘のつくったもの






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
12326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1477位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSリンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。